サッカー観戦(生観戦)

2011年11月 6日 (日)

応援。。。

今日は、正田醤油スタジアム隣りのサッカー場へ。と言っても、ザスパ草津の応援ではなくて、息子が通う学校高等部のサッカー部が、高校サッカー選手権の群馬県大会準決勝進出のため、その観戦です。
 
息子は中学サッカー部で、団体で応援するようなので、私は息子たちとは別に、パパとスタンドで応援です。
 
ザスパの試合もあり、すぐ隣りのサッカー場なので、駐車場がめっちゃ混んでます。
 
さて、順当に勝ち進めば決勝戦は前橋育英と当たります。
 
決勝に行けたら、嬉しいなぁ。
 
 
 

2011年8月 6日 (土)

☆浦和戦☆

浦和に勝ちましたー。。。
今日は珍しく、息子たちが付き合ってくれて、親子で生観戦!!

恒さんは出場機会が無く残念でしたが、精力的にアップを頑張っていて、悔しがったり、喜んだり、時にはオーバーアクションだったりで、いつも通りプロとして立派な姿でした。

前半から2点リードしたのに1点返され、同点に追いつかれ、あれっ?

ちょっと引き分けも覚悟しましたが、最後に、よしとさんが決めてくれました。

ゴール裏は大騒ぎ、よしとゴール♪よしとゴーール♪の大合唱。。。

恒さんも嬉しそうな笑顔でした。

マツさん、天国でたかさんの2ゴール、見ていてくれましたか?

たかさん、本当に全力で頑張ってました。それを見て、ウルウルでした。

今日は、息子たちに負けず、90分スタンディングで頑張りました。

腰を痛めていますが、不思議と、痛みを忘れていました。

とっても嬉しい勝利でした!!

帰りの浦和美園駅、めちゃくちゃ混んでいて、蒸し暑くて大変でしたが、足どりは軽いです。
観戦して、本当に良かった。
たかさん、最後にゴール裏に挨拶に来てくれて、またちょっとだけ、マツさんのことも思い出しました(涙)。

恒さんも、ピッチに立ちたかったことでしょう。

でもベンチにいても、一生懸命アップをこなし、戦況をしっかりと見つめ、サイドライン際まで出て来て指示を出し、恒さんらしかったです。熱い気持ちが伝わって来ました。

2011年7月24日 (日)

Fマリノス戦

Fマリノス戦遠征、また今日はサテライトのSULフル出場と、お疲れ様でした。

マリノス戦は、お友達と4人で、ゴール裏の一番端で応援していました。

予想外に涼しい横浜で、時折心地好い風が吹く中、気持ち良く観戦できました。

ただ、ヴィッセは攻め切れず、結局相手の1得点に追いつくことなく、敗戦に終わってしまいました。
前節、良い試合をして勝利しただけに、これから上向いて行って欲しいと、連勝を期待して応援したのですが残念でした。


そして…………
残念ながら、恒さんがピッチに立つお姿も見ることが出来ず。。。
試合前のアップの時から、終始厳しいお顔でしたね。
鮮やかな水色に、蛍光色の黄色のラインが入ったスパイクで、黙々とアップをしていたハーフタイム。
今年は、鮮やかな色のスパイクが多いですね。この水色のスパイクは、先日のセレッソ戦の時にも履いていました。
三人目の交替が終わったあと、ただ一人、ベンチに戻っても座ることなく立ったまま、戦況を見つめていた姿が印象に残りました。

もっともっと恒さんがピッチで戦う姿を見たい!!でも、なかなかそれが叶わない毎試合。
歯痒いけれど、見守ることしか出来ない。

先週いぶきで、マリノス戦にも応援に行くことをお伝えしたので、ゴール裏で、精一杯応援しました。
試合終了後、ピッチの真ん中で俊輔さんとお話しながら、笑顔を見せてらして、少し救われました。
やっぱり、こんな穏やかな笑顔を見ていたい。

でもそれは、ピッチに立ち、チームも勝利しなければ、なかなか見れないもの。

いろいろ、言ってしまえたら楽なことも、どんなにかたくさんあるでしょう。
プロとは、本当に厳しい世界ですね。

今日も移動の後に、学生選抜チームとの試合では、ハードスケジュールで、お体の疲れが、本当に心配です。

ナビスコを控え、オフなしで明日もトレーニングですが、どうかお体を大切に、来たるべき出場機会に備えてくださいね。

ナビスコにも、甲府戦にも、その先の試合も、応援に行けるものならば、全部応援に行きたい気持ちでいっぱいです。
でもそれは叶わないことなので、行けない時には、テレビの前から声援を送っています。

次はいつそちらに応援に行けるかわからないけれど、恒さんが日々サッカーを楽しめますよう、スタメンでピッチに立つ日が早く訪れますよう、願っています。

頑張って頑張って、いつもプロらしい立派な姿を見せてくださる恒さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

2011年6月 6日 (月)

願い叶わず・・・

3ヶ月ぶりのサッカー観戦。。。

楽しみにしていました。

たくさんの恒友さんたちとの再会、にぎやかな楽しいひと時。

初夏のさわやかな風。

ボールを蹴る音。

スタジアムの歓声。

恒さんの元気な姿。

そして、ピッチを駆け、頼もしくほえる「14番」の勇姿。

だけど・・・・・

一番見たかったその「14番」のほえる姿を見ることは、残念ながら今回も叶わなかった。

ベンチの中から試合を見守るその表情は、終始厳しいお顔でしたね。

きっと、たくさんのことを心の中に抱きながら、ピッチを見つめていたのだと思います。

ハーフタイム中のアップ、黙々とボールを蹴る姿に、その背中に、今のいろんな気持ちを見たような気がします。

試合に出られなくて悔しい気持ち、スコアが動かない歯痒い思い、サッカーは何が起こるかわからないから、いつあるかわからない出番に備えての入念なアップ、ボールと対話するように、自分に言い聞かせるように、黙々とボールを蹴っていましたね。

恒さんの心の中まではわからないけれど、

きっと、そう、きっと今の状況に納得しているはずがありませんね。

ベンチの中の横顔が、どこか遠くを見つめているように、私には見えました。

でもいつも以上に、他の選手と会話を交わすことも少なく、ただただ、自分の中で何かと戦っているようにも見えました。

きっと、いろんな思いはあることでしょう。

私が心配したところで、どうなるものでもないことなど、わかっています。

言っても仕方のないことなのも、わかっています。

でもやっぱり、ピッチの中で凛々しくほえる恒さんが一番好きだから、

何ヶ月その姿を見れていないのだろう~と考える時、大きな大きな寂しさが心に押し寄せます。

恒さんだって、いつもいつも、そんなに強くはいられないと思うし、たくさん悔しい気持ちを抱え、不本意な思いをご自分なりに消化しながら、日々戦っている事でしょう。。

1日も早く、公式戦のピッチに立つ日が訪れますように。

ピッチの中でほえる姿、恒さんの心からの笑顔、早く見たい。

どうかその日が、遠からず訪れますように。

諦めずに、応援して行きます。。

今度は、ホームズといぶきに行きますね。

お身体を大切に、お元気でいらしてね。。

Csc_0167

2011年3月 8日 (火)

2011開幕戦&いぶき

3月6日、ヴィッセル神戸の開幕戦の日。今シーズンがいよいよ始まりました。
34試合の長丁場。でもやっぱり開幕戦は、特別な日。
ホームズに急ぐ地下鉄の中で、恒さんのサブスタートを知りました。
開幕戦のピッチに立つ恒さんの勇姿を信じて、応援に向かっていたから、気持ちは複雑でした。
お友達との再会。皆、思いは一緒でした。きっと、恒さんもね。
新調した真っ赤なスパイクに、恒さんの今季にかける意気込み、開幕戦のピッチに立つことを目標に、今まで頑張って来た恒さんの日々を想い、胸が熱くなりました。
どこまでも前向きで、努力の人。変わらない宮本選手がいる限り、その姿を応援したいから、また何度でも出かけて来ます……目の前で黙々とアップをこなす恒さんに、心のなかでつぶやきました。
長いシーズンのひとコマ。でも大事な開幕戦だから、勝利のスタートを切れて良かったです。
努力している人の頑張りは、絶対に認められ、必ず大きな成果となって実を結び、花開く時が来るはず。
昨年、たくさんのことを学ばせてもらったホームズやいぶきで、また今年もいろんな想いを胸に、恒さんの戦いを応援してまいります。。
まだまだシーズンは始まったばかり。
サッカーを楽しむ気持ちを忘れずに、きっと強い気持ちで頑張って行ってくださることでしょう。
そんな素敵な姿を、今年も1ファンとして見守らせてくださいね。
次にホームズに遠征する時には、ほえている宮本選手に会えますように☆
3月7日、開幕戦翌日のいぶき。
クラブハウス入りした恒さんは、しっかりと気持ちを切り替え、とっても穏やかな笑顔を見せてくださいました。
ご挨拶をして、他愛もない雑談を少し。。
一年前の開幕戦翌日もそうでした。
TMはキャプテンマークを巻き、センターバックの位置でフル出場。
雨がパラパラ降ったり、日差しが戻ったり、コロコロと変わる忙しいお天気でしたが、相変わらず吹き付ける風は冷たくて、底冷えしました。
90分フル出場。自分の守備ゾーンをしっかり守るのはもちろんのこと、ルーキの選手や、後半から入ったユースの選手には、場面場面でいろんな言葉かけをしてコーチングしていて、前回見学したTMの時より、たくさん、恒さんの大きな声が聴こえました。
そんな凛々しい戦いの顔、力強い声、大切に戦うプレーの一つひとつに、またまた胸が熱くなりました。
こんなに一生懸命頑張っている人に、チャンスがやって来ないわけはないから、焦らず、じっくりと応援して行こう、改めてそう感じました。
TM終了後、雨がパラパラ落ちる中、ファンサの時間。
恒さんには、前回ファンサしていただいた時に撮らせていただいたお気に入りの写真に、サインをしていただきました。二つ折りの色紙に貼り、書いていただいたので、反対側は恒さんに、何か一言!とだけリクエスト。
ちょっと考えて書いてくださった一言が、
「寒かった…」
ホントに、寒かったんです、この日。
「寒かったですね」って言いながら、思わず笑みがこぼれました。
そんな穏やかな表情と、優しい声と、手袋を脱いでしてくださった温もりある握手に、たくさん元気をいただき、寒さは吹き飛びました。
いつも、本当にありがとうございます。
次の観戦予定がまだ立たないので、また応援に出かけてきます、とだけお伝えしました。
シーズンは始まったばかりですが、恒さんが怪我なく開幕戦を迎えたこと、心からホッとしています。
長いシーズン、悔しい思いをしたり、不本意だと感じたり、辛い気持ちになることも、たくさんあると思います。
けれども、それらを上回る、戦える幸せや、たくさんの人達たちに夢や勇気や元気を届けることができる、プロとしてのやり甲斐や誇りがあるから、厳しい毎日も頑張って行けるのですね。
きっと、ご自分の気持ちを大切に、信じた道をブレずに進んで行かれる恒さんだと思います。
お身体を大切にされて、頑張ってね。
シーズンの最後に、チームの目標、恒さんの目標が、叶う今季でありますよう、願いながら応援して行きます☆

2010年12月 5日 (日)

溢れる涙

残留、本当に本当におめでとう!心から、ホッとしました。
途中からは、いろんな思いが交錯して、ドキドキして来て、涙が溢れてしまいました。

勝って、残留を見届けてから嬉し涙を流そうと思っていたのに、やっぱりダメでした。。。

試合終了の瞬間、飛び上がってみんなと抱き合い、ハイタッチ。。足首、まだかなり痛かったけど、そんなことすら気にならないほどに、夢中で跳びはねてしまいました。

恒さんは今日もやるべきことをしっかりされ、最後まで立派な姿を示してくださいました。。

試合終盤、行ったり来たり、あなたの落ち着かない様子といったら、またそれを見て感極まり、本当に、恒さんも残留のことだけ考えて戦っていることが心に沁みて来て、また、涙、涙、涙。

試合終了の瞬間、満面の笑顔でチームメイトと抱き合って、喜びを噛み締めている恒さんの姿を見ながら、五年前、等々力で見たあの涙の優勝の日のことが重なった。。。

あの日、試合終了のホイッスルの瞬間、恒さんはピッチの中で顔を覆って泣いていましたね。
あの時とは状況が違うけれど、あの時のような、心の底から込み上げて来る感動をいただきました。
選手の皆さん、本当にありがとう。
スタメンの選手はもちろん、途中出場の選手も、リザーブメンバーも、ベンチ登録されなかったメンバーも、みんな頑張りましたね。
選手も、スタッフも、サポもファンも、テレビの向こうから声援を送っている人たちも、みんなが一丸となって戦った、これ以上ない一体感を味わうことができた、素晴らしい試合でした。

最後まで諦めないで、残留を信じて応援してきて、本当に幸せな日になりました。

残留おめでとう……。
一年間、お疲れ様でした。

恒さん、我慢することの大切さ、信じることの尊さ、努力、たくさんの強さと優しさを教えていただき、本当にありがとう。。。

2010年10月18日 (月)

涙で霞んだ勇姿…

涙で霞んだ勇姿…
走って、ほえて、両手を大きく使って、凛々しく指示を出し戦う姿、本当に久しぶりでした。

先日いぶきで、「恒さん、マリノス戦に応援に行きますから、恒さん出てね。」と言ったら、優しく笑っていた恒さんでした。

いつだって出場の準備は出来ていることでしょうし、そんなこと、監督が決めることだから、言われても答えようがないですね。。

わかっています。でも、試合に出てほしい、ピッチでの姿を見たい、戦う勇姿を応援したい、それが正直な気持ちでもあったから、思わず口をついて出てしまいました。

「わかりました」と言いながら、優しい笑顔を返してくださった恒さん。

二週間ぶりに見るその姿は、カットしたという髪も、それほど短くは感じられず、とても厳しいお顔つき。今チームが置かれている現状を表している、恒さんの試合前の締まった表情でした。そして、アップの姿をじっくりと見守りました。

試合は、相変わらずの得点力不足で、よしとさんへのジャッジには疑問が残るものの、二人の退場者を出し、勝ち点を積み上げることなく敗戦に終わってしまいました。

残留に向けての戦いが、ますます窮地に追い込まれてしまい、本当に残念です。

けれども、久しぶりに見る恒さんのピッチでの姿は、やっぱり頼もしくて素敵だなぁ〜と感じました。

難しい状況からのスタートでしたね。。。

河本さん退場後、アップゾーンでアップをしているサブメンバーに目をやると、恒さんのアップのペースがどんどん上がりました。皆が、動きを止めてピッチを見守る中、恒さんだけは、走る走る。ビブスを脱ぐ姿を見て、出るんだわ!そう思ったら、自然に涙が溢れてしまいました。私の瞳は、すぐに涙が容量オーバーしてしまいます。

リーグ戦で恒さんの出場が見たくて、ホームズにも何度か通ったのに、なかなかこの姿を見ることが叶わなかった。。本当に淋しかったし、悔しかった。何度も神戸遠征しては、アップするだけの姿や、練習、SULでプレーしている姿を見たけれど、やはりそれらは、どれも私にとっては、心満たされる恒さんの姿ではなかった。

この姿を見たかったんだ、、、戦う姿を。。。改めて恒さんのピッチでの勇姿が心に沁みました。

あと8試合。どんな状況でも諦めないで、最後まで残留を信じて戦ってほしい。私も、行ける試合には応援に行き、最後まで諦めないで応援して行こう、改めてそう思いました。

恒さんの力が、このチームで最大限に活かされることを、願ってやみません。

最後まで諦めないで戦い抜く姿を、私もしっかり応援しています。

やっぱり、ほえる宮本恒靖選手が1番!この姿に勝るものはないと感じて、帰途につきました。

2010年5月10日 (月)

磐田戦&いぶきリカバリー

5月8日磐田戦。お天気も晴れて、張り切ってスタジアム入り。ナイター開催でしたが、スタジアム入りの時間にはまだ、日差しも強くて。大事なホームでの試合、スタジアムもサポも、勝利を願って開場前からこの一戦を盛り上げている感じでした。
もちろん恒ユニを着ての応援。<TSUNE>対応のバックネームのところに、恒さんにサインも入れていただき、準備万端。
恒友さんたちと5人で応援しました♪
恒さんがアップに出ていらした姿を見て、早くも胸が熱くなりました。
今日は、遠くバックスタンドでサブ組のビブスをして、ウォーミングアップをする恒さんではない。そこ、そう、メイン側でアップです。見慣れた、リズム感のある、テンポ良い恒さんのウォーミングアップが大好き。カメラもフル充電してきたから、大丈夫。カメラを覗きながら、嬉しくて嬉しくてワクワク。

キックオフから、もうとにかく試合に釘付け。恒さんの動きに目が離せなくて、忙しいこと忙しいこと。。。絶えず体全体でアクションし、しっかりと相手FWに張り付きマーク。身振り手振りで皆にしっかりコーチングしている恒さん。
走っている、ジャンプしている、ほえている。そんな当たり前だった姿を、この2ヶ月の間、どんなに待っていたことか〜(涙)
涙腺が緩み、涙が溢れてしまいました。でも出てしまうから、仕方がない。

堂々としたプレーで、ピッチの中の恒さんは輝いていました。存在感があり、しっかりと集中して守備をし、DFラインを統率する姿には惚れ惚れしました。
恒さんがピッチにいるだけですごく安心出来る。攻め急がず、しっかりとボールキープ出来て、ホントに久々に内容の素晴らしい試合を見れました。
周りのお客さん、冷静に静かに観戦しているのに、ワンプレーワンプレーに反応してワーキャー言って応援してしまった私と、右隣りのお友達(笑)。左隣りのお友達はとっても冷静に観戦。
3つのゴールが、たくさんの歓喜を運んでくれました。
ロスタイム3分。しっかり守って完封しなくちゃ〜と、ドキドキ。
試合終了のホイッスルを聞き、跳びはねて喜んでしまいました。。
恒さんのガッツポーズと、チームメイトとハイタッチして、抱き合って喜ぶ姿が、キラキラ輝いていて素敵でした。。ものすごい汗をかき、ユニの色も変わり、頑張ったフル出場に、本当に胸が熱くなり、感極まりました。

昨年の最終節、今年の開幕戦、ピッチの試合よりゴール裏でアップする恒さんが気になり、試合を楽しめなかったけれど、磐田戦はあっという間の、そして幸せな90分間でした。

これこそが、私の知っている宮本恒靖選手のあるべき姿。やっぱり、センターバックのスペシャリスト!!

素晴らしい試合を生観戦出来て、笑顔で神戸讃歌を歌う恒さんを見れて、ホントに嬉しかった♪

もう、大丈夫ですよね。スタメン定着して、私たちにまたたくさんの感動を運んでね。
2ヶ月待ちましたが、信じて、応援して来てよかったなぁ〜と、心から思えました。

恒さん、フル出場完封勝利、おめでとう!!
これからのご活躍も楽しみにしていますね。


翌日、スタメン組はいぶきでリカバー。
試合をご一緒した恒友さんたちと、再びいぶきで合流して、見学してまいりました。結構な日差しで暑くなりました。恒さんもスッキリしたお顔でクラブハウス入り。半袖のウエアーの下にも、ハーフパンツの下にも、黒のアンダーを身につけて練習参加されていました。
リラックスした穏やかなお顔で、ピッチの外周をゆっくりウォーキング。ストレッチしたり、軽めのトレーニングでしたが、12時5分くらい前にグラウンドに出ていらしてから、12時45分には終了。
一度クラブハウスに入り、再びファンサのため、恒さんはファンサゾーンに姿を見せてくれました。
日曜日&前日の磐田戦快勝で、たくさんの見学者。当然、恒さんのところに人が殺到し、かなり混雑したこの日のファンサゾーンでした。
でも、たくさんの人数にも関わらず、恒さんは次々手際よくサインや写真リクエストをこなし、皆さんから声をかけられ、素敵な笑顔で対応。私も、ツーショットの写真にサインをお願いしました。ペンの蓋を開けるのが少し早過ぎたのか、いざ恒さんにサインしていただく時、ペンのインクが出づらかったの。すぐに替わりのペンは出てこないし焦りましたが、恒さんがペン先の角度を変えて書いてみると、ちゃんとインクが出て一安心。小さな写真に、名前も入れていただいたので、スペースを見つけて、丁寧に書いてくださいました。いつもながら、丁寧なご対応、ありがとう。

さて、次は写真と思ったら、次々サインのリクエストが差し出され、なんだか、一人ひとり順番という形ではなく、変則パターン。ぼ〜っとしていると恒さんが行ってしまうので、一生懸命声かけて、、、。なんとか写真もお願いして、握手もしていただきました。握手はサインの時1回、ツーショット写真の時2回、最後にお疲れ様を申し上げた時3回目。3回目は、<一体、何回握手やねん?>って思われちゃったかなぁ〜(笑)
でも、大丈夫ですよね、恒さんニコニコした笑顔だったもの〜。うん、大丈夫(と思うことにします)。

等々力の時なんて、恒さん遠くでアップで、恒さんがピッチにいないと写真もほとんど撮らないし、今回は久々一眼レフ使いました。一体何枚撮ったのでしょうか、、、たくさん。。。
でも、パソコン不具合で残念ながら画像アップ出来ず(涙)。
ファンサの素敵な笑顔の恒さんを載せれなくて残念ですが、他の恒さんファンの方々にお任せいたしま〜す。

恒さん三昧の、とても充実した二日間でした。

〜おまけ編〜
とっくんに写真リクエスト。前回、せっかくのツーショットだったのに、とっくんがおもいっきり目をつぶり失敗。リベンジした今回、私が目をつぶり〜(涙)でもとっくんが素敵に撮れたからOKかな!

紀氏さんにも写真リクエスト。「昨日は完封おめでとうございます。この間、恒さんとトークショーお疲れ様でした。」ってお声かけ。ツーショットは、紀氏さん大きすぎて30数㌢違うからびみょ〜。戦っている時は貫禄あり過ぎのお顔ですが、ツーショット写真めちゃくちゃ笑顔で、ちょっとほっこりしました。

松岡くん、ちょうど恒さんとかぶってしまい、残念ながら今回は、お疲れ様でした!だけ言ってスルー。試合の日のバス待ちで撮らせていただいた、スーツ姿の写真が素敵だったので、サインいただきたかったのですが、残念。。。

2009年12月 9日 (水)

2009Jリーグ最終節

  2009Jリーグ最終節
今年も、最終節に優勝チームが決まるという、サッカーファンにとってはたまらないドキドキ感の中出掛けた、12/5のホムスタ。

全試合同時キックオフ。

鹿島と川崎の優勝争い、勝利の女神が微笑んだのは、鹿島アントラーズでしたね〜。3連覇達成、おめでとうございます。

ヴィッセル×ジュビロ@ホムスタ、ヴィッセルは他力ながらもなんとか前節で残留を決めていたので、そういう意味では、選手の皆さん、気負うところなく試合に臨めたのかも知れない。

この日、5ヶ月ぶりに会う友達との再会を楽しみにして、ホムスタに向かいました。。
メイン指定席にて観戦。
友達と会うなり、おしゃべり(恒さんトーク)は尽きず、あっという間にウォーミングアップの時間になりました。

いつも通り、先頭を切って颯爽と走ってピッチに出ていらした恒さん。

ゴール裏に一礼してから、アップスタート………と、ここまではいつも見慣れた風景。

でもその後、なにか変?

えっ?  あら??  どうして???

恒さん、バックスタンドのサブ組アップの輪に加わり、ボールを蹴り始めました。

「…………。」

頭の中が、?マークで一杯になりました。

サイトになにかスタメンの情報が出ていたのかも知れませんが、早朝から家を出かけて来て、新幹線で遠路神戸まで遠征。私は、携帯でそういったことをチェックすることもしなかったの。
だから、スタメンだと信じて疑いがなく、目の前の光景に、涙が出て来てしまいました。

なんて大袈裟な〜!!って思われるかも知れませんが、毎回ホームの試合を観戦できるファンの方々とは違って、私は関東在住、下の子供もまだ小学生。ホームの試合を観戦出来る機会は限られていて、一回一回が必死。

ましてや、いろんなことがあって、キャプテンとして、心身共にかなりハードだったであろう今シーズン。最終節のピッチには、格別の思いがあります。

だからこそ、恒さんにはピッチに立って欲しかった。それを観たくて、遠路応援に出掛けたのに〜。。。

アップをする恒さんのお顔は、いつものような厳しい(時には怖い)表情ではなく、柔らかな雰囲気だった。でも、それがまた、どことなく寂しく見えなくもなかった(→見えた。)220_2

我慢していたけど、ちょっと、涙が出て来てしまった。

隣の友達を覗くと、やっぱり手で涙を拭っていました。

私たちって、なんだか似ているね、、、って後で話していました。

もちろん、チームとして結果を出すことが最優先。スターティングイレブンとしてピッチに立てるのは11人。戦術的なこと、コンディション、いろんな絡みがあるから、こればかりは仕方がない。

気持ちを切り替えて、応援をしました。

でもどうしても、ゴール裏下のピッチサイドで、アップをする恒さんが気になって、試合に集中することが出来ませんでした。

試合は、大久保くんのゴールで先制したのに、後半、相手のイグノに決められて同点にされ、結局引き分けに終わりました。ホーム最終節だから、なんとしても勝ちたかった。そのことも、とても残念。

試合前、鈴木選手を見つけた恒さんは、自分からジュビロ側に歩み寄って行かれ、握手を交わし、ずいぶんと長いこと何かお話していました。同じ世代(鈴木選手の方が何歳か年上?)の選手と、ピッチで会って、言葉を交わす光景もいいものですね。231_5

今季でジュビロを離れるゴンちゃんとは、お話出来たのかしら?願わくば、恒さんとゴンちゃんがプレーする姿を少しの時間でもいいから見たかった。でもその願いも叶わず、恒さんの最終節にピッチに立つお姿も、見れませんでした(涙)。

それでも、懸命にアップをする恒さんのお姿、しっかり目に焼き付けました。2列目での観戦だったので、アップに行ったりベンチに戻ったり、何度も恒さんが目の前を通られました。

アップ中、とてもよく戦況を気にしてらした。腕組みして見ていたり、ストレッチしながらも、ピッチを見ていたり、コーチと何かお話していたり、手を叩いて残念がったり、ピッチに立っていなくても、いつでも走れるよう、精力的に動いていました。そんな姿を見ていたら、とっても切ない気持ちになりました。246
どんな時でも、きちんと自分のその時に果たすべき役割を、黙々とされる方なんだなぁ〜と、改めて感じました。

251

258

263

270

284 試合後の、スタジアム全体での「ゴンゴール」の応援には、ちょっと感動。両チームのサポーターからエールを送られ、挨拶にピッチを駆けて行くゴンちゃん。
ヴィッセルのゴール裏でも、ゴンちゃんに敬意を表すゴンゴールの応援歌。その声援に応えて、ゴ164_2ール裏からエール交換で贈られたヴィッセルのマフラーを掲げるゴンちゃん。
もちろん、私たちのいるメインスタンドに向けてもマフラーを掲げ、何度も御礼を言っていたゴンちゃんでした。
私たちも、スタンディングで、「ありがとう」の拍手。
サッカーファン皆に愛されているゴンちゃん。恒さんも、そんな熱くて素敵な先輩を、同じプレーヤーとして温かく見守ってらしたことでしょう。

その後、最終節のセレモニー。オーナーや監督のご挨拶の後、キャプテンの御礼のご挨拶もありました。その後場内一周して、ゴール裏では選手たちが一列に並び、神戸讃歌をスタジアムの皆とともに熱唱。183

今季限りで神戸を離れる選手の皆さんの胴上げがあり、恒さんも、笑顔で皆さんの胴上げに加わっていました。

長かったシーズンの終了。
ホントに最後はなかなか残留が決まらず、ハラハラしましたが、選手の皆さん、一年間の戦いお疲れ様でした。

恒さんは、最後のご挨拶でこんなことをお話していましたよ。

「皆さん、今年一年間たくさんのご声援をいただき、ありがとうございました…」と、スタジアムの人々に御礼の言葉を述べたあと、

たくさんの期待を持ってスタートしたシーズンだったけれど、なかなか思うようには行かず、いろんなことがあって難しいシーズンだった、けれども皆で一丸となって、なんとか乗り越える事が出来た。

僕は神戸に来て一年、みんなと一緒にサッカーをしたのですが、一丸となって戦うことが神戸の強みなんだなぁ〜と感じ、これからも、それ(一丸となる気持ち)が、このチームの強みになっていくのかなぁと、思う。

今年味わった悔しさを、しっかり胸に留めて、来シーズンもチーム一丸となり、もっともっとしっかり練習して、更にレベルアップして行きたい。

来年も、ご声援をよろしくお願いします。

こんなことをお話されていました。

その恒さんの言葉をしっかり胸に刻みながら、また来シーズン、ホムスタで応援するのが楽しみだなぁ〜と感じた私でした。

試合のあと、何人かの選手に直接、「一年間、お疲れ様。」の言葉を掛ける事が出来ました。皆さん、お疲れの中、誠実に対応していただき、「明日のファン感も楽しみにしています…」と申し上げると、笑顔で、「明日もよろしく…」と。

お気に入り(笑)の松岡くんにも、握手していただきました。(冷たい手だったけれど、優しい可愛い♪笑顔で、「また明日もよろしくお願いします!」と、お元気な声でした。)

恒さんも、ホッとした穏やかなお顔。1番最後に出ていらして、バスの発車時間になってしまい、残念ながら直接言葉を交わすことは出来なかったけれど、手を振って乗り込んで行かれました。

こんな感じの、私の今季最後の観戦でした。ファン感編は、また後ほどアップします。

2009年11月29日 (日)

勝って決めて欲しかった

F東京×ヴィッセル神戸@味スタ、ゴール裏にて生観戦。

試合前、5−1のスコアでのガンバ大敗を知り、頑張っているガンバイレブンの姿が、脳裏に浮かんで来ました。遠路応援に行かれたサポーターさんたち、優勝を信じて鹿島遠征した友達の気持ちを思い、せつなくなりました。

でも、神戸も残留を確定させたい、大切な試合。

久しぶりに会う恒友さんや、いつも観戦をご一緒する恒友さん、他の外出先から駆け付けて来る友達、皆でゴール裏最前列に座り、思いを込めて応援しました。

今日こそは、内容より結果…とおっしゃっていた恒002さんも、フィールドの皆さんの先頭を切って、引き締まったお顔でピッチに姿を見せました。

ゴール裏に挨拶へ。久しぶりに生で拝見する姿に、この試合の勝利を祈りました。そして、いつも通りのアップを見守りました。004_2

014_3

022_3

試合は、ずっと0−0で進みました。038

041_2

恒さんは、前半のみの出場で、後半はベンチへ。
恒さん⇒吉田さんの交代に、得点を取って勝たなければ〜!!!というメッセージがひしひしと伝わって来ました。

なかなか変わらない状況。大切な試合のはずなのに、どこか盛り上がりに欠ける戦況。大宮×柏の状況も気になる。このまま行ったら、スコアレスドロー?でも、勝ち点1でも取って前進したい。今の順位から下がってもらっては困る。
大宮×柏が引き分けたらどうなるの?3チームの勝ち点は? なんだかいろんなことが気になり、試合に集中出来ない。
そうこうするうち、最後に相手に得点を許してしまった。
今シーズンよく見た気がする、この良くないパターンがまたしても。
時間は残り少なくなり、ロスタイム4分になんとか得点を!と期待しましたが、試合終了のホイッスル。

友達からのメールで、どうやら残留は決まったらしいけど、それも素直に喜べないような、目の前の残念な敗戦。

前半でベンチに下がった恒さんは、すぐに上下ウインドブレーカーを着込み、座って試合を見守りながら、立ったり座ったり、腕組みしたり、指示を出したり、監督と見間違うような、監督みたいな風格。冷え込んで来たので、ベンチコートも途中で着ていらした。046
私は、意地になってダウンジャケットを羽織らず、恒さんユニで最後まで通した(めっちゃ、寒い。。。(涙))

049_4

053

試合後、ゴール裏に向かって歩いてくる選手達に、ベンチから合流して、皆にねぎらいの握手をするキャプテン。とっても厳しいお顔で、どこか遠くを見つめている恒さん。今シーズン何度も見た、このシーン。056_2

やっぱり、笑顔が見たかったな〜。

057_3

残留確定は一先ずホッとしたけれど、勝って、勝ち点を積み上げる形で決めて欲しかった。
分厚いベンチコートの背中に、お疲れ様でした〜と心の中で声を掛けながら、あ〜寒くなり、今シーズンも終わるんだなぁと、しみじみ実感しました。

来週、ホムスタでの最終戦。みんなの笑顔が見たい。061_3
プレッシャーから解放され、試合を楽しむことを忘れないで戦ってほしい。
そしてやっぱり、キャプテンにはフル出場で頑張っていただきたい。

063

神戸賛歌を歌えることを楽しみに、ホムスタに出かけます。

恒さん、今シーズンのラストゲーム、頑張ってね。

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト