« ニュース23に | トップページ | NHKBS1に »

2012年1月23日 (月)

ありがとうございました

引退記者会見のあの日以来、もう二度と公式戦のピッチで戦う恒さんの勇姿を見れない寂しさから、涙ばかりが流れる日々を重ねました。

けれども、先日フットサルパークで恒さんにお会いして、直接お礼や想いをお伝えすることが出来て、生き生きと「今」を大切にされている恒さんのお姿に触れ、もう涙は終わりにしようと思いました。
フットサル大会では、恒さんがボールを蹴っているお姿をたくさん拝見出来て、とても嬉しかったです。恒さんが楽しそうなお顔で、生き生きとしてらしたことが私には何よりも嬉しく、なんだか胸がいっぱいになりました。そんなあなたのお姿を、いつまでもいつまでも眺めていたかったです。
未来に向かってポジティブに歩まれているお姿を目の当たりにして、私もようやく心が落ち着きました。恒さんに力強く背中を押していただいた気持ちです。
あの日は、お疲れのところファンサービスをしていただきましたこと、感謝しています。
サインに添えて書いてくださったお言葉が、本当に嬉しくて、今まで恒さんを応援させていただいたこと、どれ程掛けがえのない幸せな時間だったことか、今更ながら実感しました。
恒さん、こちらこそたくさんたくさん、「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。

そして、松田さんのメモリアルゲーム。。。
サッカーを愛した松田直樹さんのために、松田さんと共にに戦ったたくさんのお仲間が日産スタジアムに集い、サッカーを愛するファンと共に、素敵なひと時を過ごしましたね。
松田さんは、こんなにたくさんの素敵なお仲間に恵まれ、また、多くの人々に愛されたプレーヤーだったことがよくわかりました。スタジアム全体が、暖かな素敵な雰囲気に包まれていましたね。もう松田さんに会えない寂しさが込み上げて来て、そしてもう、恒さんが現役選手としてプレーすることは無いのだと思ったら、やはり私は涙、涙、でした。
けれども恒さんは、とても楽しそうにプレーされていましたね。サッカーを楽しむ背番号5番の勇姿を、大切に心に収めました。何度も何度も、涙を我慢しながら、一秒でも見逃したくなくて、恒さんの姿を追いました。
長く心に残る日になると思います。恒さん、ありがとう。

Numberのシリアス完結編『グッドバイ』を、先日読みました。
この一年半近くの間、きっと、悔しくて納得の行かない日々を重ねていらしたであろうことは、もちろん想像はしておりました。
私たちファンも、何故恒さんに出場機会が与えられないのか、どうして恒さんがこんなに長い期間、ベンチに座らなければならないのか、そのことにもがき苦しみ、耐えて耐えて、出場機会を信じてまいりました。
でも、私たちの気持ちなどとは比べものにならない、想像を絶する悔しさや苦しみを味わっていた恒さんのお気持ちに触れ、涙が止まりませんでした。

これからの日々、恒さんが今までの全ての経験を糧に、力強く、恒さんらしく歩んで行ってくださることを願ってやみません。どうか、お体を大切にされて、留学生活を頑張っていらしてくださいね。恒さんがお元気でいてくださる限り、私たち応援する側も、元気に日々を過ごすことが出来ます。

神戸での3年間、寒い日も、酷暑の日にも、雨の時も、お疲れの時にも、いつも誠実な、真心が伝わるファンサービスをしていただき、本当にありがとうございました。
恒さんからいただいたたくさんのサイン、一緒に撮らせていただいた素敵な写真、かけていただいた温かいお言葉、頑張っていらしたお姿、穏やかな笑顔、苦しんでいらしたお顔までも、それら全てが、私にとっては掛けがえのない財産です。
たとえ長い人生の中の一時の間かもしれませんが、恒さんに、名前や顔を覚えていただきましたこと、本当に嬉しかったです。
たくさんファンの方がいらして、皆さんから名前を書いてくださいとリクエストがあって、きっとそのこと一つ取っても、とてつもなく大変な作業だったと思います。

名前や顔を覚えてくださったこと、覚える努力をし続けてくださったこと、本当に誰にでも出来ることではないと思います。
恒さんの優しさや、記憶力の優れたところには、ただただ頭が下がる思いです。一時の間でも、恒さんの記憶の中に残れたことを、本当に嬉しく思います。

恒さん、優しさをたくさん、ありがとう。
これからも、ずっと応援させてくださいね。
キラキラした素敵な人生を歩まれて行くであろう、宮本恒靖さんの今後のご活躍を、一ファンとして見守らせていただくこと、私にとってはこれからも日々の活力になると思っています。

本当に長い間、現役生活お疲れ様でした。恒さんのお父様お母様、そして1番近くで恒さんを支えてこられた奥様にとっても、長い間、ご苦労多い日々の連続だったと思います。ご家族の皆様にも、心からお疲れ様でした、ありがとうございましたと、申し上げたいです。

これからの恒さんの更なるご活躍、遥かにお祈り申し上げます。
またいつかお目にかかれる日を、楽しみにしています。
恒さん、体に気をつけて、どうかお元気でいらしてくださいね。

あなたがいらっしゃらなくなったJリーグ2012シーズーンは、またガンバ大阪を応援してまいりたいと思います。この三年間、神戸の試合を優先して、大好きなガンバの試合になかなか応援に行けなくて、ずっとそのことが寂しかったです。橋本さんも、智さんも、恒さんと長年一緒に戦っていらした同世代の選手が、ガンバから他チームに移籍されてしまい(橋本さんは神戸ですが…)寂しくもあります。けれども、新しいガンバ大阪を応援することがまた、楽しみでもあります。
恒さん、いつの日か恒さんが育ったガンバに、帰っていらしてくださいね。
その日を、楽しみに待っています。

松田さんのメモリアルゲームで、たくさん恒さんの写真を撮りました。
ほえている姿、走っている姿、考えている姿、チームメイトと楽しそうにお話する姿、ホッとした笑顔、優しく手を振ってくださった姿、それらを大切に心に収め、これからの日々は、少しずつ選手ではなくなった宮本恒靖さんに慣れて行きたい、気持ちに句切りを付けて行きたい、そう感じました。

今まで本当に、ありがとうございました。

« ニュース23に | トップページ | NHKBS1に »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうございました:

« ニュース23に | トップページ | NHKBS1に »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト