« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

大晦日

2011年。。。

本当に、今年ほど時間が経つのが早く感じられた年はなかった。


東日本大震災という、史上稀にみる大災害に見舞われ、日本中が震撼し、たくさんの悲しみに胸を傷めた。生きることの意味や命の尊さ、人々の温もり、日本人の強さを実感した一年だった。

改めて、震災で亡くなられた尊い命に、ご冥福をお祈りいたします。

そして、ご家族や大切な方を亡くされた皆様が、一日も早く力強く、前向きに日々を過ごせますよう、今なお大変な思いをされている被災者の皆様方に、幸せな日々が訪れますよう心よりお祈りいたします。


我が家は、今年も家族皆、元気に無事に過ごすことが出来ました。当たり前の日常がどれだけ幸せかということ、改めて気づかされました。生かされている命に感謝をもって、新年を迎えたいと思います。


獣医をやっている叔父から、今年も大晦日の今日、手打ちのお蕎麦が届きました。

天ぷらを揚げて年越蕎麦を食べたいという、息子たちのリクエストですが、今日は他にもいろいろやることがあって忙しいため、私は聞こえなかったふり(笑)。でも何度も言われ、スルー出来なくなりため息をついていると、パパがやってくれることに。。。
金融機関勤務なので、昨日が年末の〆切りで遅くまで仕事でした。
そんなパパが天ぷらを揚げてくれるなんて、、、。
本当に、優しい旦那様で私は幸せです。
後片付けは私ですが、散らかされて返って仕事が増えるとか、買って来た方が早いとか、言いません。。。

一言言うまえに、感謝の気持ち、広い心で。。。

こんな日常が幸せなんだということをしみじみと感じています。

2011年、11シーズン応援してきた恒さんが、17年間のプロ生活を終え、スパイクを脱がれました。
私にとっても一つの時代が終わり、今年は忘れられない年になりました。。。
2012年、何事も前向きに取り組んでまいりたいと思います。
スタジアムに観戦に行く回数は激減すると思いますが、スカパーでいろんなチームのサッカーを楽しみたいと思います。

やっぱり、ガンバに注目かなぁ。。。
この三年間、恒さんの応援が優先だったので、大好きなガンバは、少し距離を置いて観てきました。

もう、誰か特定の選手を応援するエネルギーはないけれど、恒さんが育ち羽ばたいて行ったガンバが、やっぱり大好きです。

恒さん、いつの日かガンバに帰っていらしてくださいね。

サッカーの楽しさを教えてくださった恒さんに、改めて心から感謝しています。

2011年12月27日 (火)

やよいひめ

主人のお客様から、やよいひめ(群馬県産ブランドいちご)をいただきました♪
いつもお世話になっているから…と。
定期預金をしていただいたり、定期積立をしていただいたり、お世話になっているのはこちらの方なのに。。。
やよいひめは大粒で糖度も高く、いちごの果肉もしっかりしているのに、すごくジューシーで美味しいんです。
練乳ミルクをかけていただくのが大好きなんですが、このところ、クリスマスケーキやらなんやら、きっとカロリーオーバーしているから(汗)、ミルクは我慢して、シンプルにいちごそのままでいただきますか。
そのままでも十分甘くて美味しいし。お兄ちゃんは牛乳とお砂糖かけていちごミルクにして食べるのが大好きだけど、次男はそのままが好きみたい。。。
4パックもいただいたけど、きっとすぐになくなってしまいます。
恒さんの現役引退から一週間が過ぎ……
まだまだ寂しい気持ちでいっぱい。
情けないことに、泣かない日がない。
今日はまだ涙が出てこないけれど、きっとどこかのタイミングで涙が出てきてしまうでしょう。
クリスマスの三連休は、息子たちもそれぞれ予定があり忙しく、私は何かして気を紛らしていないとすぐに涙が出てきてしまうので、大掃除。
換気扇、エアコン掃除、窓拭き、和室の障子の張り替えまで。いつになく張り切って取り組み、例年の大掃除とは比べものにならない『やり切った感』。
けれども、何かやっていても、やっぱり涙は出てくる。
恒さんの日記にコメントを入れる時、恒さんも目にされるからあまりネガティブなことは書けない、必死で前向きなコメントを入れているつもりだけど、やっぱり、本心は寂しくて寂しくてたまらない。
突然やって来た『引退』の現実に、なかなか心の整理などつかない。
あまりにも、向上心高く、志が立派な恒さんに、気持ちが追い付かない(涙)。
これからの恒さんの道を心から応援したいし、そのつもりなのに、あまりに恒さんが遠くに行ってしまったように感じられ、ただただ戸惑うばかり。
きっと、いつまで経っても、この寂しさは消えない気がするけれど、せめて、恒さんの背中を見失わないよう、しっかりと後からついて行きたい。
現役選手ではなくなった恒さんに、次に会えるのは、松田さんの追悼試合。
その時に、自分が何を感じ、どんな気持ちになるのかは、当日になってみないとわからないけど、きっとピッチで恒さんの姿を見た途端、涙はたくさん溢れて来てしまうのだろうなぁ〜。今は、悲しくて寂しくて、写真、映像、なかなか見られない。
パソコンで、恒さんのホームページに入ると、『ピッチに別れを告げる時が来ました。』あの言葉がバーンと目に入って来て、それを見ただけで涙が出て来てしまうから、今はホームページも見れない。
でも、松田さんの追悼試合で恒さんが戦う姿、しっかりと目に焼き付け、心に大切に収め、その時が私にとって、前に進んで行ける新しい一歩になれたらと願っています。

2011年12月24日 (土)

☆クリスマスカード☆

素敵なクリスマスカードが届きました♪
恒さんの直筆サインと、Merry Christmas! のメッセージ入り。
見慣れた筆跡のそのサインを眺めながら、寂しさの涙、懐かしさの涙、「ありがとう」の涙が、込み上げて来ました。
恒さんに、「現役選手」としていただく最後のサインになるのですね〜。背番号の「14」も入っています。恒さん、ず〜っと大切にしますね!
今までいただいたたくさんのサインは、もちろん全てが大切な宝物。。。
いただいたサインの数だけ、恒さんとの大切な想い出が甦ります。
5番のサイン、17番のサイン、14番のサイン。。。
改めて、私の心の中で、宮本恒靖さんという方が、どれほど大きな存在だったか今、それを静かに噛み締めている日々です。心にぽっかりと空いてしまった穴を埋めるには、まだまだ、たくさんの時間がかかるかも知れません。
寂しくて寂しくて涙が止まらない。瞼に浮かぶのは、キャプテンマークのほえている恒さん。もう一度、戦う姿を応援したかった。。。
寂しい気持ちを掻き消すことなんて無理だから、自分のペースで少しずつ、選手ではない「宮本恒靖さん」を実感して行くつもりです。
恒さんは、私の心のなかで、太陽のような暖かな存在です。
私の心のなかで、何よりの元気の素!です。
プレーも、考え方も、その立ち居振る舞いも、総てにおいて立派で、生き方が尊敬出来る方です。だから、こんなにも恒さんのことが大好きで、ずっと応援もして来れたんだなぁと。。。
今まで、たくさんの感動をいただきました。
数え切れない元気をいただきました。
あなたの言葉や、何事にも真摯に取り組む姿勢を通して、人として大切なことをたくさん教えていただきました。
今までも、そしてこれからも恒さんはずっと憧れの人であり、改めて、これからも恒さんを応援出来る幸せを、しみじみと噛み締めています。
恒さん、あなたが元気でいてくださるから、私も元気で日々を過ごせます。
あなたが頑張っているから、私も毎日を頑張れます。
ずっと、憧れの素敵な恒さんでいてね〜。
HAPPY MERRY CHRISTMAS !!
恒さん、ご家族で素敵なクリスマスイヴ、そしてクリスマスをお過ごしくださいね。17年間という長い間、戦い続け、駆け抜けた心身のお疲れを、十分に癒してください。
いつかまた、笑顔でお会いできる日を楽しみに待っていますね。
クリスマスカード、とても嬉しかったです。またひとつ、大切な宝物が増えました。
恒さん、ありがとう…

2011年12月19日 (月)

『引退』

昨晩殆ど一睡も出来ぬままに朝を迎え、お友達からの早朝5時過ぎのメールで、今日の『発表』が、引退らしいということを知りました。

でも、新聞は信用できない、何かの間違い(であってほしい)、何度も何度も恒さんの日記『明日』を読み返して、引退なんかない、そう思おうとしました。

発表された恒さんの決断は、「現役引退」。

今はあまりに突然で、あまりに寂しくて、何も考えられない。いつかはこの日が来るのはわかっていたけれど、直筆のきれいな文字で書かれた引退表明の文章を読み、後から、後から、涙が溢れてしまった。

恒さん、17年間の現役生活、本当にお疲れ様でした。

ベテランの年齢に差し掛かり、現役生活の集大成であった神戸での3年間は、恒さんが苦悩するお姿を目にすることが多かったけれど、プロとしての立派な姿勢や、目の前のことに真摯に向き合う強い心、たくさんの大切なものを教えていただいた、私にとっても、とても濃い3年間になりました。感謝の気持ちで、いっぱいです。

恒さんにとって神戸での3年間は、きっとどんな毎日も無駄なことなど一つもなく、サッカー選手としてだけではなく、人としての人間力を高める、とても価値ある3年間だったに違いないと、信じたいです。

ヴィッセルの公式サイトにUPされた、記者会見の質疑応答の全文を拝読して、1字1句の文字をかみ締めながら、あなたのどこまでも限りなく高い向上心と、サッカーに対する熱い、深い情熱を感じて、また涙しています。

もう少し、あと少しで良いから、恒さんの戦う姿を見ていたかった。

凛々しく吠えている、「闘将・宮本恒靖」を応援していたかった。

けれども、10年という長い間応援させていただいて、数え切れない宝物をたくさんいただいたから、今は、恒さんの選択された新しい道を、変わらず応援して行くつもりです。

きっと、来シーズン、ピッチの中にも、ベンチにも、恒さんのお姿がないことを実感したとき、言い知れぬ、測り知れない寂しさが襲ってくるのだと思います。それは、これからの恒さんのご活躍を見守らせていただきながら、時間を掛けてゆっくりと癒して行くことになると思っています。

「恒さん、今まで本当にありがとう・・」、今はこの言葉しか思い浮かびません。

長い間、頑張って走り続けているお姿を、たくさんたくさん見せていただいて、ありがとう。。。

恒さんが駆け抜けて来た17年というプロ生活のうち、10年(2001年から11シーズン)という長い時間、素敵な時を過ごさせていただいたこと、人生の、大切な大切な宝物です。

交わした言葉や、心に大切に収めた記憶は、決して薄れることはないと思っています。

現役のサッカー選手として、スパイクを脱ぐときを迎えても、これからも恒さんを応援させていただくことに変わりはありません。

恒さんのことですから、きっとこれからの人生も、キラキラした輝かしい年月を重ねて行かれることでしょう。

いつもまっすぐ前を見据えて、前向きにしっかりと日々を歩んでるお姿、心から尊敬しています。

恒さんに恥ずかしくないよう、私もしっかりと日々を生きて行きたい、そう思っています。

長い間戦い続けた心と体をゆっくりと癒して、次のステップへのエネルギーを蓄えてくださいね。

今までのように、たくさん会える機会は無くなってしまいますが、どこにいても、どんな時にも、宮本恒靖さんを応援して、一層のご活躍をお祈りしています。

もう「選手」ではなくなるから、なんとお呼びしたら良いのかしら。恒さんは、「恒さん」ですよね。応援し始めたころ、声を掛けるのも緊張して「宮本選手」・・って、小さな蚊の鳴くような声で呼んでいました。

でもある時、恒さんの「ツネ」・・まで呼びかけて、やっぱり、「宮本さん・・」と言い直したときに、「恒さんでいいですよ~」って笑顔でおっしゃっていただき、それがとっても嬉しくて、それからはず~っと、「恒さん」。

恒さん、これからも「恒さん」・・で良いですよね?

宮本コーチ、宮本監督、将来そんな風にお呼びする日が来るのでしょうね。

これからのご活動も、困難なことがたくさんあるかと思いますが、努力を惜しまない恒さんのことですから、しっかり地に足をつけて頑張って行かれることと思っています。

より一層、ご自身の道を研鑽してくださいますようにと、心から願っています。

明日・・・

ファン感謝デーで、溢れんばかりの優しい笑顔をたくさん拝見してから、1週間。。。

この数日、恒さんのブログを読むのがとても怖かった。

明日、日付が変わったからもう今日、来期の方向性について記者会見を行うと、恒さん。

神戸残留か、他のチームへ移籍か、それとも・・・

たとえどんな発表があろうとも、恒さんが考えて考えて決断された道を、応援するのみ。。。

宮本恒靖さんを応援して10年。。。

応援の気持ちは、これからもずっと・・・変わらない。

恒さん、今夜は眠れそうもありません。

2011年12月13日 (火)

今年最後のいぶき、そしてファン感②

続きをアップしま~す。

【ファン感謝祭】

昨年、諸事情で参加できなかったので、2年ぶりのファン感。

朝、メイン階段前に座る場所を確保してから、場外で待機。。。たくさんの恒友さんたちと合流して、待っている時間もあっという間でした。

今年は、スタジアム隣りのグラウンドで運動会形式のプログラムが中心のファン感でした。

「チームおじさん」(ベテラン選手) vs 「チーム小僧」(若手選手)に分かれての、チーム対抗。恒さんはもちろん、チームおじさん=赤組でした。

これまた、(恒さんが)良く見えるよう、最前列の場所取りをして、ピタパカード会員限定のイベント整理券をいただきに行ったり来たりと、何かとハードでしたが、ようやく落ち着くことが出来て、応援席の場所で軽めに皆で、お昼をいただきました。

レジャーシートに座り、皆で分けて食べて、ホントに運動会の応援に来た気分♪皆でおしゃべりしていると、あっという間に時間になりました。

せっかく大階段の前に場所をキープしたのに、オープニングの時にはもうたくさんの人で、階段の前の場所に戻れず、少し遠くからオープニングを眺める形になりましたが、それはそれで、全体を見渡せて良かったです。

松岡選手の、「神戸のファン感はこれからだぁ~!!」の掛け声でファン感がスタートすると、再び応援席に移動。恒さんは赤組テントの中の、前の列に座って見ていました。ちょうど、恒さんの斜め後ろの場所だったので、楽しそうにグラウンドの様子を見ている、柔らかいお顔の恒さんを間近で見ることが出来ました。

後ろにいる選手に話しかけたりして、恒さんが後ろを振り返るたびに、またドキドキ。。。

グラウンドの中にいる競技参加の子供たちは、後ろを振り返ると恒さんが座っているので、みんな恒さんに大接近(笑)。握手してもらったり、屈託のない可愛い笑顔で、恒さんに何か話しかけていて、前の競技を見ないで、恒さんとのおしゃべりに夢中♪

子供たちに大人気の恒さんも、優しい笑顔で子供たちとお話している姿が、なんとも微笑ましい光景でした。

恒さんの出場種目は、「借り物競争」と、「リレー」。

借り物競争で恒さんが引いたお題は、「好みの女性」。

恒さんは、可愛いレディーを抱っこして、本当は3人4脚でゴールまで走らなければならないけれど、女の子を抱っこしたままゴールへ。

周りからリクエストされて、抱っこしていた「好みの女性」に、チュッ・・・・・って、恒さん。

思わずその、ほっぺにキスの瞬間には、皆が反応して歓声が上がっていました。

私の周り(私も含め)、皆、恒さんファンなので、「羨ましい~~~!」モード、全開でした(爆)。普段の、あの凛々しくて隙がなさそうな恒さんとは違い、なんとも微笑ましい違う一面を見れました。

やっぱり、こんな柔らかな恒さんの笑顔は、お父さんのお顔でした。

紅白対抗リレーでは、ポイント加算が大きいため、逆転勝ちも十分可能な赤組。。。

恒さんも第3走者でエントリーしました。リレーに備えて、入場口で待機している恒さんは、誰よりも入念にストレッチしていました。

赤のハチマキをキュッと結び、やる気モード全開の恒さん!!ハチマキ姿もなんだか凛々しくて、胸がキュンとなりました。

恒さんが目の前を駆け抜けるときには、(転んで怪我をしませんように~)と、ハラハラしました。

運動会の結果は、「チームおじさん」の逆転勝利。

チーム小僧を代表して、松岡くんがおじさんチームに土下座をしましたが、吉田さんの「やっぱ、全員でしょ!」の一声で、結局チーム小僧全員が、赤組の前で土下座。

勝ち誇ったおじさんチームの選手たちは、得意げな、楽しそうなお顔♪でした。

最後は再びメイン階段に移動して、フィナーレ。

プリウス当選者の方への贈呈式、オークション落札者の皆さんに、相馬さん、よしとさん、恒さんから直接品物が手渡されての、記念撮影。

MVPの発表、吉田さんが文句なしの第1位で、サポーターのお子さんたちから、手作りのプレゼントをいただいていました。

社長、監督、キャプテンの挨拶、選手会代表の翼くんからお礼の挨拶があり、そして今シーズンでチームを離れる選手の方々の胴上げなどがありました。

ビツさん、馬場さん、楠瀬くん、三島くん、お疲れ様でした。皆さんのサッカー人生はまだまだ続くと思うので、新天地でのご活躍を心から願っています。

最後は神戸讃歌の大合唱で、ファン感は終了しました。

楽しい時間は本当に、あっという間に過ぎてしまいますね。当日ご一緒した恒友さんたち、現地でお会い出来た方も、出来なかった方も、今年1年いろいろお世話になって、素敵な時間をたくさん、ありがとうございました。

いつも、どんな時にも、一人じゃないんだ~って、心強かったし、やはり恒友さん皆さんの願いは、恒さんの「試合で戦う姿!」だったと思います。。。

出場機会は少なくて、恒さんご本人はもちろん不本意な悔しいシーズンだったはずだし、私たち応援している側も、たくさんの試練を味わいました。でもやっぱり、恒さんが元気に頑張ってくださっている限り、変わらず応援していたい、それが皆の熱い思いでもあるのだと思います。

改めて、恒さんが神戸に移籍されてからのこの3年間は、楽しかったこと、悲しかったこと、たくさんの思い出が出来ましたが、恒さんのお元気な姿がスタジアムや練習場にあることに、感謝して応援したいと思っています。

ファン感で恒さんの穏やかな、楽しそうな笑顔をたくさん見れて、何よりのクリスマスプレゼントをいただいた気分です。

あとは、来シーズンのことを、恒さんからご報告いただける時を、心静かに待っていようと思います。

※ ファン感の写真というより、ほとんど恒さんオンリーですが、画像をアップします。

Csc_0384

Csc_0392

Csc_0428

Csc_0442

Csc_0445

Csc_0449

Csc_0467

Csc_0471

Csc_0475

Csc_0509

Csc_0518

Csc_0519

Csc_0526

Csc_0535

Csc_0540

Csc_0548

Csc_0551

Csc_0557

Csc_0568_2

Csc_0567

Csc_0577_2

Csc_0589

Csc_0584_2

今年最後のいぶき、そしてファン感①

今年最後の神戸遠征・・・練習最終日のいぶきへ、そして翌日のファン感謝祭参加のため、1泊2日の慌しいスケジュール。。。

あっという間の2日間でしたが、両日とも恒さんの笑顔をたくさん見ることが出来て、心癒される素敵な時間になりました。

【10日のいぶき】

午前10時からのトレーニングは、土曜日と練習最終日が重なり、たくさんのファンの方々がいぶきを訪れていました。

でも早めに行ったお陰で、座ってゆっくり見学することが出来ました。

朝は、恒さんにご挨拶して、仙台戦のことなどちょっと雑談をして、「練習、頑張ってください。」と、お声掛け。

練習が始まると、恒さんはスタートからとても柔らかな笑顔がいっぱい。。。恒さんに限らず、皆さんリラックスした表情で、楽しそうにボールを蹴っていました。

グラウンドバックの木々が美しく色づき、ピンと張り詰めた冬の冷たい空気のなか、選手の皆さんの吐く息は白く、恒さんがボールを追って近くに来るたびに、ドキドキしながら見ていました。

ミニゲームを中心に、1時間ちょっとで練習は終了。楽しそうにボールを追っていた選手たち。恒さんは、ミニゲームと言えども、真剣にボールをカットしたり、相手を削りに行ったりと、負けず嫌いな面も時々垣間見れ(笑)、純粋にサッカーを楽しんでいる姿がありました。

こんな笑顔は、スタジアムではもちろんのこと、シーズン中の練習でもあまり見れないから、やはり出掛けてきてよかったと、しみじみと感じました。

いぶき日記用なのか、練習の最後には皆でクラブハウス側を向いて、集合写真を撮っていました。

各選手、ストレッチして練習を終えて、ファンサゾーンでファンサービスをしながら、クラブハウスに引き上げていました。

恒さんは、いつものことながら、一度クラブハウスの中に入り、汗を拭いてから出てきてくださいました。

皆さん、恒さんのファンサ待ちで、たちまち恒さんの周りは人でいっぱいに。。。

でも一応、縦に列は出来ているものの、皆さん我先にと前に進むため、横からもたくさん色紙やユニフォームが出てきて、写真のリクエストに対応したり、プレゼントを渡される方がいたり、恒さんは大忙しでした。

こんな時、私はただただ圧倒されてしまい、なかなか前に行けない。でも恒さんは、必ず最後の一人まで対応して下さるから、列に並んで待ちました。

慌てなくても大丈夫というよりは、順番の列があって無いようになってしまうから、なかなか前に進めないんです。

磐田戦の翌日が、いぶきに行ける最後のつもりでしたが、ファン感の前日にトレーニングがあったので、思いがけずもう一度いぶきを訪れることが出来ました。。。でもホントにたくさんの人で、磐田戦の翌日よりも、人が多かったように感じました。

恒さんには、少し大きく伸ばした写真に、サインをお願いしました。

「何か一言・・・」って、お願いしたのですが、自分が対応していただいている間にも、ちょっとスペースがあると横からどんどん恒さんにリクエストが上がるので、声が重なり恒さんに聞こえなかったのか、いただいたサインには、何か一言ではなくて、名前が書いてありました(笑)。

名前を!といつもお願いするので、お伝えしなくても入れてくださったのかな。。。これはこれで嬉しいけれど、握手も出来なかったし、ファン感では直接お話できるチャンスがあるかわからないし、、、ということで、前の方にいる方々が皆さん終わるまで、ちょっと後ろに離れて待ち、最後尾に回るともう一度お願いしました。

先ほどきちんと伝わらなかったみたいで、ごめんなさい。とお断りすると、恒さんは少し考えてから、メッセージを付け加えて入れてくださいました。

並んで待っている時に、早めに手袋を外してしまったので、私は手が冷たくなっていました。でも、ずっとファンサしていたのに、握手していただいた恒さんの手は、とても温かくて~。

最後にツーショットも撮らせていただけて、嬉しかったです。恒さん、いつもありがとう・・・

改めて、「一年間お疲れ様でした。」とお伝えして、伺いたかったことを最後に恒さんに伺い、今年最後?のファンサが終わりました。

恒さんのお答えは、想像していたお言葉でした。改めて、恒さんからのご報告を待っていようと、思いました。

P1020816

P1020820

P1020800

P1020827

P1020801

P1020837

P1020803

P1020841

長くなるので、【ファン感】編は、後ほどアップします。

2011年12月 4日 (日)

どれだけ早いのか。。。

松田直樹追悼メモリアルゲーム、本日がチケット一般販売の初日でした。

10時ピッタリにアクセスするも、まったく繋がらず(涙)。
10時1分でも前にアクセスした時には、「受付前です」、、、と申し込み画面に進めなかったし。

携帯、パソコン、双方で申し込みを試みるも、あっという間に予定枚数終了。

みんな、どれだけ早いのか〜。

恐るべし。。。

出場メンバーがあれだけ豪華だからなぁ?仕方がありません。。。
希望のカテゴリーを座席指定出来るまでに繋がったものの、あっという間に△マークになり、焦れば焦るほど、操作も空回り。泣きたくなりました。
どうにか座席指定してみたものの、もう、希望のゴール寄りとは反対側のゾーンしか残ってなくて、しかも、申し込み中に×マーク(完売)になりました。

仕方が無く、カテゴリー3を申し込むと、座席指定は出来たものの、連番では取れない。一席ずつバラバラなら、取れるみたい。だけど、友達とバラバラでは観に行く意味が無いし、しかもその時点で、14列目くらいだったので、申し込むのやめました。
カテゴリー3は、先行予約で連番が当選しているから、きっとこちらの方が一般より前の列だと思うので、もう、あきらめてこの席を引き換え手続きして来ます。

改めてマツさんの偉大さを知り、また、あの豪華なメンバー、生で観戦したいサッカーファンがたくさーーーん、いるんだなぁ〜と思いました。

2011年12月 2日 (金)

笑顔に癒されて

今シーズンのホーム最終戦vs磐田。

北本さん、相馬さん、森岡くんと、3つのゴールが決まり快勝♪安心して観ていられる試合だった。

けれども、願いは叶わなかった。。。10分でも、5分でも、ピッチで戦う姿を観たい、、、そう願って応援したけれど。。。

いつもの席で、目の前でアップする恒さんを見守りながら、目頭に熱いものが込み上げて来た。

正確に言うと、その姿を見て泣いてしまった。

出場機会をなかなか得られなかった、今シーズン。胸のうちには、測り知れない悔しさがあると思う。一年間、本当にお疲れ様でした。

どんなときにも諦めないで、努力し続けることの大切さを、今年はたくさん、恒さんに教えていただきました。

「あ  り  が  と  う  ・・・・・」何度も、何度も心の中でつぶやいた。

翌日のいぶき。。。今年訪れることが出来るのも、この日が最後になるかな~?と思うと、感慨深いものがあった。阪南大とのTMが入っていたので、出場を願いながらいぶきへ。

とても素敵な装いで、爽やかな笑顔を見せてくれた恒さん。帰りの新幹線の時間が忙しいので・・・とお断りして、持参したお土産などを先にお渡しして、

「試合、頑張ってください」と。

「はい、ありがとう。」と、もうその顔は、キリリと凛々しく戦闘モードだった。

TMには、キャプテンマークを巻いてフル出場。。。

ただただ、観たかった「戦う姿」を、堪能したあっという間の90分間だった。

指示を出し、若手選手に身振り手振りで指導、楽しそうに風を切って走る姿、そして吼えている姿が素敵だった。

いぶきでは、スタジアムとは違って、試合中のピッチの声が良く聴こえる。

恒さんも、大きな声で吼えていた。今まで、私が何度かいぶきで観戦したTMやSULの中でも、一番良く声が聴こえてきたゲームだった。キーパーの紀氏さんにも負けないくらい、大きな声。

そんな恒さんの生き生きとした姿を眺めながら、胸が熱くなりました。

この凛々しい姿を、パフォーマンスを、トップチームの公式戦で観れる来シーズンでありますようにと、願って止みません。

ファンサービスの時間、たくさんのファンの方々が恒さんを囲み、相変わらずの忙しいファンサービス。そんな光景をもう、長年見ているけれど、本当に手際が良く、慣れていて、皆のリクエストに快く、的確に応えて・・・。

どんな時も誠実に対応してくれる恒さんに、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

今年一年のお礼をお伝えして、最終戦の仙台戦の激励、そして「ファン感謝デーにまた出掛けてまいります。」とお伝えして、いぶきをあとにしました。

ファンサービスで見せてくださった穏やかな笑顔と、恒さんの温かな手の平、そして暖かいメッセージが心に響きました。

恒さん、いつもありがとう。

Image663

Image661

Image662

Image664

Image660_2

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト